2016年1月22日金曜日

雪が降る前の静かな空に。カレッジ3期卒業式



アイリスクオーツ(レインボークオーツ)スフィア4A グレード
リュミエールでup 済み



一昨日と昨日は、西日本からお友達どうしのお二人が、キャリケースを引いてサロンに来て下さって、青葉台にお泊まりで、2日間のセイキム(SSR)セミナーを受けて下さっていました。これまでも、いつも違った感慨深さが必ずあるのがセイキム伝授の仕事で、そのときどき、とても勉強になりますが、今回の2日間はまたひと味違う、非常に広く高く(いつも十分に広いし高いのに/笑)セイキムの世界を私自身、体験、味わうことができたのと、シンボルについて、このエネルギーについて、私たちの魂や歴史と、セイキムの存在意義・・などが、次々と入って来て、これまで見えていなかった扉、小窓が、開いて新しい風を感じるようなひと時でした。

もしかするとセイキムに限らず、アルガンザ全体がそんな風に、刷新されていくのかもしれないとも思います。エネルギーワークを専門にやっていくヒーラーさんて意外と少ないのですが、これからはきっと増えていく。究極のものだと思うから、別のルートから、これからはそこへ辿り着く人が増えていく。

エネルギーワークも既にニューエイジスタイルで数十年の歴史があるわけですが、曖昧ではなく、なるべく説明のできるヒーリングとして、専門にやっていける人が増えるように、提供する側の大変さ(形や道具、メソッドよりも愛と自分の器磨きが主だったり、結局ホワイトマジックなので、ブラックなマジックの力がたまに訪れて来るという因果関係)を、越えていくためのノウハウを整理してお伝えできれば・・専業のエナジーヒーラーが増えていくことに繋がるはず。アルガンザではそこを目指していきます。

なぜ専業が必要かというと、やっぱり、他のヒーリングツールを使いつつの「レイキ伝授もやっています」という先生からレイキを習った方、ヒーリングを受けた方のお話を聞いていると、どうしても「一種のヒーリングツール」という概念でやってらっしゃる事が多いようです。エネルギーワーク、レイキ類は本当に奥深く、一種のツール・・ではないんですよね。あらゆるヒーリングの原点でもあり、終着点でもある。エネルギーそのものでワークをし、エネルギーで結果を出していくことで、現実、現象界で見えているものを変えていくので。

専業としてやって来ていても、私などもまだまだ、11年目に入る今になって、ようやく見えて来ることも。まだまだこれからです。そして、「道具がいらない」「意識や魂まで取り扱う」「人生そのものを刷新していく」力を持っているのだから、単にツール・・ではなく「道」として、伝えていきたいです。故に、今年のテーマはエナジーワークをやっていく側の苦労や、やりにくさをいかに克服、調整、乗り越えていくか・・・を、自分自身の経験から、やってきて辛かった事、孤独にならざるを得なかったこともちゃんと説明がつけば人と分かち合える訳ですし、「やる側の苦労」を解いていくことで、素晴らしい飛躍的な変化を齎す力を持っているエナジーワークの「専業者」を、造っていくことに専心したいと思います。

そう、アルガンザはリュミエールと連動して石を使いますが、石巫女の展開を自ら見ていても、私の場合はクリスタルを導入してもやっぱりエナジーワークなんです。クリスタルを道具にはしない。一緒にエナジーを動かす相棒であり、クリスタルから様々な世界に入っていったり、導きを貰う。そんな、アルガンザ流の石との在り方も、更に伝えて行きたいです。

石巫女クラブは、太陽系の始まり(恒星の誕生)から地球史、水と海の誕生とやってきて、そろそろプレート。大陸移動、地球上の自然界の発展、日本列島の形成・・などへ進んで行くところ。来月スタートの意識の学校は、量子物理学や脳科学などの左脳系アプローチとともに、神話学(ミソロジー)や歴史学など右脳系アプローチも加えていくことにして参考書席を並べていると、元々ずっと探求してきたジャンルなので、幸せ・・・を感じ乍らの準備に入った所です。結局さらに抜けてしまって、唯ひとりの受講生になりそうな方にそれをお伝えしたら、「神話学ちょうど読んでいました」なんてシンクロもあって、益々楽しみになっています。

今年の後半には、上記のようなエナジーワークの専業であっても仕事しやすくなるようなノウハウと、実践を含めたマスターコースを設置しようと考え中です。アカシックリーディングや、オーラ/チャクラリーディング、チャネリングなど。地球で言う所のサイキックを「なぜかダサい。」と思ってしまうアンドロメダ人の記憶ゆえか(笑)、そこを語ることを得意としない私ですが、そんなアンドロ人流のリーディングやチャネリングの仕方があってこれまでやって来た訳なので、そろそろ、それを語る時が来たかなと思っています。そこらへんを新マスタークラスで盛り込めるかな。

さてさて・・・
そんな、2016年のアルガンザの方向性が見えて来た今日この頃ですが。

日曜日は、ヒーラーズカレッジ3期卒業セレモニーでした。




全員揃って迎えられて本当に良かった。皆さんの笑顔は、とても眩しいです。


翌日が雪だったので、一日ずれていて本当に良かったな〜と思うのですが、新幹線の方3人含め、全員が集まることが出来ました。恒例のテキストの製本作業は、新しい3階のお部屋にて行いました。今回、幹事を務めてくれたお二人の活躍にも感謝したいと思います。Kさんはたくさんの写真を撮影、皆さんの様々なショットを写した写真を50枚も、3期生のグループFBに上げてくれましたし、Cさんは、私をイメージして・・と仰って下さった花束と、卒業生全員にもお花を造って、各自のお名前入りカードまで。準備大変だったかと思います、本当にありがとうございました。

「遠方の人にも夜のパーティに参加してほしい」との幹事さんたちの希望で、早めにお店を予約。皆で時間を気にしながらの卒業式の進行となりました。そんな、仲間同士の温かさが溢れる素敵な卒業式でした。

あと3名の、カレッジご感想をまだ載せていませんでしたので、以下、掲載させて頂きます。

================================================================


友人からArganzaのことを知り、ブログを読むようになりましたが、アースワークや日々の気づきなどが流麗に紡ぎ出されていて、その世界観に惹き込まれていったのでした。カレッジの募集を見たときは、受講資格のレイキが間に合わないので無理だと思いました。ところがカレッジ開始が月末ということが判明し、これなら間に合うと、宿題や課題のことは考えずに、とにかく申し込んでしまいました。

少人数制のためAmariさんには一人ひとりに気を配って頂きました。講義だけではなく、皆でシェアしあいながら進んでいくことが成長に繋がったのだと思います。個人的には「光と闇の統合」をテーマにしていましたが、皆さんとシンクロすることも多かったです。元々スピリチュアルな世界は社会では受け入れてもらえないという想いが強かったのですが、日常生活でメタフィジ筋を使うことで、次第に自分の中でもリンクしていくようになりました。

上級に入ってからは炙り出しの辛い期間があり、自分自身を深く見つめる機会となりました。
そのような時も常に高い意識と波動を保つAmariさんが私の指針となってくれたのでした。
タイミングよく聖地への旅が続いたことも高次の導きを感じずにはいられません。

カレッジでは神智学からインド哲学まで触れることができ、本当に世界が広がりました。
卒業後も更に学びを深めていきたいと思います。

Amariさん皆さんどうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この半年間あまりは、私にとっても、とても濃い日々で、
おかげさまで、自分というひとつの世界をより知ることができました。
これは、カレッジという大きな流れも、外に感じながらではないと、
とても、ひとりではここまで進めなかったかな…と思います。

自分のセンターをしっかりと保つという事の大切さを
カレッジに日々通い、メンバーに刺激を貰いながら、
私なりにですが、身につけることができました。

この半年という間にあった変化は、私のつたない言葉では
とてもあらわせませんが、より自分自身を深く知ることに専念した、
この期間を経たおかげで、今の私へとつながる道が見えてきたと
感じています。

また、皆さんの感想も、ブログで拝見させていただきましたが、
具体的な事は違うけれど、それぞれの日常の中で
同じテーマをを歩んできたのかな…と思い、カレッジで
お会いできた皆さんと出会えた事も、とても愛しく感じました。

このたびは、沢山の大人の課題と、学びの時間をいただき、
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思えばAmariさんとの関わりは、前身のショップ「イナンナ」の時からになります。クォリティーの高いヒーリンググッズを買い求めたり、ロザリオや新着の石がUPされる度にワクワクしたり、後に並行してヒーリングサロンロザリアがOPENされた時は、当時はサロンが遠方で通えなかったので遠隔で受けられるセッションを幾つか受けたり、、、Amariさんには当時から本当にお世話になっていました^^


元々石が大好きだったこともあり、他所でレイキの伝授やエネルギーワークを受けたり自分なりのスピ生活のようなものは送っていましたが、ただ色々なセッションを受けてはいるもののどこか中途半端で、自分の中で活かしきれていないという思いは強く感じていました。軸がしっかりしていないので直ぐ揺らいでしまい、いつも聖俗を行ったり来たり(笑)。カレッジのことはAmariさんのブログ等で読んで知りましたが、当初は何となく憧れつつも自分とは縁の無い世界、遠い存在としてしか捉えられなかったのを覚えています。

そんな私でしたが2014年7月に、念願叶って初めてAmariさんとの対面でのセッション(レコンセクレーション)が実現したのをきっかけに明らかに意識が変わったというか、カレッジで学ぶという事を意識する(出来る)ようになって。ただ当時募集されていた2期生として申し込むには時期尚早な気がし、3期生募集の際には満を持して申し込む・・つもりが、いざその時になってみると、本当に自分が最後までついて行けるか不安になってしまい^^;
 
迷いに迷って・・・最後に背中をひと押ししてくれたAmariさんには感謝しています♪
もともと探求型の私でしたので、カレッジでの学びは難しいながらも本当に楽しいものでした。集団の中に身を置くのが苦手、人前で話すことも苦手な私がちゃんとシェアリングできるだろうか不安もありましたが、同期の皆さんも素敵な方々ばかりで。半年間本当に素晴らしい時間を共有させて頂きました。
 
覚悟はしていましたが、座学で学んだ神智学~インド哲学~ソウルシステムについてはとてもとても難解で、今をもって理解するには到底至っていないのですが、現在も改めてテキストを読む度に新しい気づきが有ったり突然腑に落ちる事も有ったりと、まだまだ消化の為に学ぶことは多くて復習のしがいがあります。そしてワークタイムで習った呼吸法、ライトボディチェック。今まで何となく使っていたレイキも、ワークに取り入れることで絶大な効果と助けになってくれることも実感できて目から鱗でした~。ここで自分を調えるセルフメンテナンスの術を会得することが出来たのは本当に貴重でした。正直今でも揺らぎます(笑)。が、軸を意識出来るようになったことで、いつでも「戻ってこれる」自信がついたと思います。

そして最後のリーディングテストで、私にはリーディングなんて絶対出来ないだろう思っていたのが それらしく出来てしまったのには自分でもビックリ(勿論まだまだまだ未熟ではありますが)。カレッジには楽しく通っておりましたが、半年の間には当然色々な葛藤や悩みもあって・・・。果たして自分はちゃんと成長出来ているのだろうかと不安に思っていた部分もあっただけに正に半年間の成果を実感出来た瞬間でもあり、感慨深かったです。

あっという間の半年間。カレッジは修了しましたが、この貴重な体験を今後どう活かすかは自分次第。そういう意味ではこれからが真のスタートだと思いますので、Amariさん、これからもどうぞ宜しくおねがい致します^^
 
最後になりましたが、フラフラしがちな私を導いて下さったAmariさん、3期カレッジ生の皆さん、
サロンで常に見守ってくれていた高次の存在に心からの感謝を。
有難うございました❤


================================================================


ありがとうございます。

3期は、最近アルガンザを見つけて下さったばかりの方と、かなり古くから(笑)私を知って下さっていた方が混在してました。お子さんがまだ小さい方々もご苦労があったと思いますし、新幹線で通って下さった方は3人。他の皆さんも、様々な思いや現実が交錯する中での半年間だったと思います。確実に変っていく、どんどん輝きや安定を増していく皆さんのお姿に安心したり、逆に関心したり、時に刺激をもらいながら、私もひた走りました。毎期そうですが、とても感慨深い日々でした。

2期と同様に、卒業式の終盤では、小さなグレースの石をプレゼント。そして皆でグレース、さらにグレースオブセラフィムのワークをしますが、私個人としても2016年の作り替えエナジーに、人間の心がついていききれていないせいか、「ここから新たなスタート」「今日が始まり」という願い、祈りを込めていました。ワーク後に話し出したら、なんと自ら涙してしまい、話せなくなる・・・去年は他の方が泣いて下さってもらい泣きしたのに、今年は自ら予想外に泣いて(笑)しまい、自分でびっくり。皆さんをもらい泣きさせてしまいました(笑)。円座になっている時だったので、貰い泣きを堪えているみんなの顔に囲まれて、余計に泣けました。優しい人々。本当に幸せです。

そして今年は流れがとても速いので、数日を経た今はきっと、もう一人一人が新たな流れに乗り始めているかもしれませんね。カレッジを終えた後の時間は、結構大事で・・現実にどう生かすか。うまく波に乗って行ってくださいね。

以下、撮影を担当してくれたKさんの写真も交え乍ら。
K さん、改めましてありがとうございます。


Amari がいただいた C さんアレンジのお花と、(右下)ネーム入りカード。(左下)パーティの花火つきデザート・・

卒業生全員のために幹事さんたちが用意して下さった、お花。こちらもCさんアレンジ。(Kさん写真)


ありがとうございました。

そして、予告していました通り、次の四期の募集にそろそろ入ります。

サロンに来て下さっている方々で、既に意志が固まっている方はどうぞ仰って・・と言っていたので、既に1/3が埋まっています。募集ページ等、これから手直ししなくてはいけませんが、決定している方はどうぞ、名乗りを上げて下さいませ。毎期と同じく、木曜(希望があれば火曜でも可)、土曜、日曜の3クラス、3名ずつです。土曜日があと1名になっています。

ではでは
今日はこのへんで。心穏やかな週末を。

Love and Grace,
Amari


0 件のコメント:

コメントを投稿